JAPANESE ENGLISH

NEWS ニュース

グラブル最新情報

2016-02-26 17:00
アップデート情報

新キャラクター紹介!「オイゲン」(リミテッドシリーズ)


こんばんは。ディレクターの福原です。 
本日開催のレジェンドフェスにて、新たなリミテッドシリーズのキャラクターが登場します。 
 
それは満を持して登場の「オイゲン」! 
 
 
年齢:50歳 
身長:174cm 
種族:ヒューマン 
趣味:筋トレ、釣り 
好き:甘いもの 
苦手:赤ん坊 
 
グラブル3大ナイスガイの一人、オイゲンがついにリミテッドシリーズとしてSSレアで登場!即奥義が発動できる「イグニッション」が特徴的なオイゲンでしたが、もちろんそれは健在。それをさらに引き立てるアビリティ構成で、まさに「チェインバーストおじさん」の名を欲しいままにする性能になっているかと思います。 
 
 
▲より重く鋭い一撃を表現するために、通常攻撃は新規モーションに!勝利ポーズにもちょっとした小ネタが…… 
 
 
奥義とアビリティの紹介です。 
 
◆アクションアビリティ◆
インターセプトII 敵の通常攻撃を回避して反撃(3回)/自身の敵対心UP 
◆奥義ゲージを50%消費 
使用間隔:7ターン   効果時間:3ターン
カウンターの効果に加え、3ターンの間敵対心を上昇させて敵の攻撃を引き付けやすくなります。カウンターを無駄にしにくくなるのはもちろんですが、さらにサポートアビリティでプラスアルファの要素があり、見かけ以上に強力なアビリティとなっています。 
 
サドンアタック 味方単体に高揚効果 
使用間隔:10ターン   効果時間:5ターン
任意の味方ひとりに「高揚」効果を付与します。効果は5ターン持続しますので、これも一見地味ながら縁の下の力持ち的な強力な効果になります。奥義ゲージが貯まるのが遅いキャラに使って全体の回転数を高めるか、逆に速いキャラに使ってトリッキーな戦術を組むか……色々と応用できると思います。 
 
オートイグニッション 発動時に自分の奥義ゲージを100%にする/弱体効果を1つ回復 
◆効果時間中ターン終了時に奥義ゲージを100%にする 
使用間隔:12ターン   効果時間:2ターン
オイゲンの真骨頂、イグニッションが強化されて登場です。 
まずアビリティ発動時に自分の「奥義ゲージがMAXになる」「弱体効果1つ回復」の効果が発動します。 
さらに「オートイグニッション」という強化が付与され、これがある間はターン終了時に「奥義ゲージがMAXになる」効果が発動します。 
効果ターンは2ターンですので、発動時に1回、次のターン終了時に1回、さらにその次のターン終了時に1回の、計3回オイゲンの奥義ゲージが強制的に100%に上昇するタイミングがあるということになります。 
3回ターン連続で奥義を撃つもよし、インターセプトIIに繋げるもよし、 
はたまた他のキャラとの連携を狙うもよし……といった具合で、キャラ編成や敵によって使い方が変わってくる面白いアビリティになっていると思います。 
 
◆奥義◆
ディー・ヤーゲン・カノーネ 土属性ダメージ(特大)/自分の攻撃UP
奥義発動後3ターンの間オイゲンの攻撃力が上昇します。連続で奥義を撃つ状況などではかなり心強い効果になっています。 
 
 
▲ハンドサインで号令するとどこからともなく銃撃と砲撃が発生し敵をけん制。その間に狙いを澄まして必殺の狙撃でフィニッシュ! 
 
 
◆サポートアビリティ◆
ツングースカ・バタフライ 敵の攻撃行動のターゲットになった場合にチェインバーストダメージUP(累積)
 
「インターセプトII」の敵対心UPをさらに活かす効果です。”敵の攻撃行動のターゲットになった時”に効果が発動します。被ダメージはもちろん、カウンターだったり、敵がオイゲンを狙ったけど暗闇でミスした、という時も効果が発動します。 
累積でチェインバーストのダメージが上昇していくのですが、効果時間はないため長期戦になるほど効果が高まっていきやすいということになります。 
 
ヘッドショット ごく稀にクリティカルでダメージ特大UP
要はクリティカルなのですが、他のキャラのクリティカルとはちょっと違っていて、発生確率がとても低いものの、発動時に上昇するダメージボーナスが極端に大きい、というロマンあるものになっています。 
通常攻撃で発動した場合、そのダメージは奥義よりも高くなります。 
 
 
▲フェイトエピソードではあの人物との戦いも…… 
 
 
今回で、メインクエスト……というかグランブルーファンタジーの顔となっているカタリナ、ラカム、イオ、ロゼッタ、そしてオイゲンの全員が出そろいました。 
全員属性が違っているためなかなか同じパーティには編成しづらいのですが、今後一緒に活躍させてあげられるようなコンテンツも企画中ですので、お楽しみにしていていただければと思います。 
今後とも「グランブルーファンタジー」をよろしくお願いいたします。 
 
 
「グランブルーファンタジー」 
ディレクター 
福原 哲也  
 
 
※画像およびサービス内容は開発中のものであり、実際の開催・実施時には異なる場合がございます。
※本記事内で使用している表現は、ゲーム内と一部表現が異なる場合がございます。
※本掲載内容は、予告なく修正を行う場合がございます。修正を行った場合は、修正個所を追記してお知らせいたします。

TAG

  • NEWS TOP

最新NEWS


#グラブルの最新ツイート



Twitter公式アカウント