JAPANESE ENGLISH

NEWS ニュース

グラブル最新情報

2016-02-10 17:00
アップデート情報

新ジョブ紹介!「賢者」「アサシン」について


本日2月10日に、新ジョブ「賢者」と「アサシン」が実装されます。 
エクストラジョブということで、 
「剣聖」「ガンスリンガー」と並ぶトリッキーな性能になっているので、 
今回も解説させていただきます。 
ちなみに取得条件は「剣聖」「ガンスリンガー」と同じような感じになっていますので、 
パンデモニウム第4階層クリア済みで且つトレジャーやJPなど条件がそろっていれば 
アップデート後すぐ取得できます! 
 
ではまず「賢者」の紹介です。 
 
得意武器は「杖」のみとなります。 
最大の特徴は、1ターン毎に増えていく「MP」と、 
それを使用して味方全体を強化する「天眼陣」になります。 
賢者はいかに「天眼陣」を適切なタイミングで継続させるか、がカギとなってくるでしょう。 
 
◆アビリティ1 
「天眼陣」 
賢者を賢者たらしめる代表的アビリティ。 
これの発動をサポートするために 
後述の「宿命陣」「他心陣」が存在しているようなものだと言っても過言ではありません。 
これを発動させると、味方全体のステータスを大幅に強化させますが、 
毎ターンMPを一定量消費し続けることになります。 
その効果はかなり強力ですが、その代償として天眼陣発動中にMP0に達する、 
または天眼陣を解除すると主人公が1ターンの間大幅に弱体化します。 
切り替えのタイミング、効果継続の判断が重要になります。 
 
 
▲天眼陣中は専用のアイコンがつきます。 
  残りのMP、他のアビリティなどと相談しながら攻め時・引き際を見極めましょう。  
「天眼陣」を絡めた、各状況毎に発揮される効果は以下の通りとなっています。 
通常時 自分の通常攻撃が全体化
天眼陣発動中 自分の通常攻撃が単体化 
味方全員(自分含む)の攻撃力/防御力/ダブルアタック確率/ 
弱体耐性がそれぞれ大幅UP 
※上記効果は”ターン開始時”に付与されるため、 
   ターンの合間に使用できるダメージアビリティなどには 
   攻撃力UPの効果が適用されません
天眼陣を再使用して解除 1ターンの間、自分の攻撃/防御/ 
連続攻撃確率(ダブル・トリプル)/弱体耐性がそれぞれ大幅DOWN/ 
敵対心大幅UP 
※天眼陣中にMPが0になり解除された場合は上記に加え、 
   MPが回復しなくなる
 
 
◆アビリティ2 
「宿命陣」 
奥義ゲージを全て消費し、消費した量に比例した分のMPを回復させます。 
(MPは最大10まで貯まります) 
賢者は奥義を発動するとMPを全て失う(そのかわり奥義ダメージにボーナスがつきます)ので、 
いま奥義を撃つべきか、そうでなければ奥義ゲージを捨てて天眼陣に備えるかという 
二択による判断が必要になります。 
※「宿命陣」を習得するまではMPを貯める手段がターン経過しかないため、 
バトル開始後すぐなど、MP3未満の状態で「天眼陣」を使用すると、 
効果を得られず弱体化してしまうので注意が必要となります
 
 
◆アビリティ3 
「他心陣」 
自分のHPを現在の半分に減らし、その減らした量に比例した分、奥義ゲージを上昇させます。 
これを起点にして、宿命陣を使うか、奥義発動に備えるかという流れになるかと思います。 
ちなみにこのアビリティはEXアビリティのため、他のジョブにつけることも可能です。 
 
 
▲HPが使用時の半分まで減りますが、HPから奥義ゲージへの変換量は固定のため、 
  最大HPが高いほど多く変換できるようになります。 
  また、変換時に奥義ゲージが100に達する場合は、必要分だけHPが減るようになっています。 
 
 
まとめると、とにもかくにも「天眼陣」! 
それに至るまで、またはサポートとして「宿命陣」を使用してMP回復! 
さらにその前段階として、状況に応じて「他心陣」で奥義ゲージを補充し、 
奥義発動または宿命陣の準備をする! 
という戦い方が主になるかなぁと思います。 
 
 
◆サポートアビリティ 
「神足陣」 
通常攻撃を全体化(天眼陣中は単体化)する効果と、 
奥義使用時にMPを全て消費してダメージをUPさせる効果を持ちます。 
MPが1以上あれば奥義にダメージボーナスがつきます。 
これはMP量が多いほどボーナスも多くつきます。 
また、奥義を使用するとMPが0になるのですが、 
天眼陣中でさえなければ主人公の弱体化は発生しません。 
でも、天眼陣中は、「天眼陣による攻撃力UP」と「残りMPに応じた奥義ダメージボーナス」の 
両方が適用されるため、非常に大きいダメージが出せるようになるので、 
そのあと弱体化しても押し切れるような状況であればとても有効な手段にはなり得ます。 
 
「開明」 
このサポートアビリティにより、毎ターンMPが1ずつ回復していきます。 
ただし、天眼陣中のMP0による自分自身の弱体化中はMPが回復しなくなります。 
(自分で天眼陣を解除した場合は、弱体化するもののMPは回復します) 
 
 
戦い方としては味方のベースアップが主となるので、 
スーパースターなどと近いかなと思います。 
天眼陣はいわゆる「ソング・オブ・グランデ」の代替以上になるような性能をもっていますが、 
それの維持に対して別のコストを支払うという設計になっています。 
 
 
 
次に「アサシン」の紹介です。 
 
得意武器は「短剣」のみになります。 
仕組みとしては同じEXジョブ「ガンスリンガー」ととても似ています。 
「暗器」という専用装備が存在し、それはトレジャー交換で手に入れることができます。 
任意の「暗器」を8つ装備してバトルに臨み、 
使用していくことでアサシンならではの活躍をすることができる、というものになっています。 
 
 
▲ガンスリンガーと同じように、ジョブ詳細画面、 
  または編成TOPから「暗器」画面に移動することができます。 
  (ガンスリンガーも編成TOPからバレット画面に移動できるようになります)  
 
 
▲8つまで装備することができます。 
  また、暗器のセットパターンを6つまで保存しておいて呼び出すことができます。 
 
 
▲また、画面上の各数値はこういうことになってます。 
 
「暗器ひとつひとつがアビリティ」と考えていただけると分かりやすいかと思います。 
ひとつひとつに「敵に自属性ダメージ」「敵にスロウ効果」 
「味方全体の奥義ダメージUP」などの効果が設定されています。 
ガンスリンガーとの最大の違いは、バトルで使用すると無くなることです。 
暗器1個につき1回アビリティとして使用できます。
 
 
 
◆アビリティ1 
「アサシネーション」 
装備した8つの暗器を使用します。 
1ターン毎に発動することができるため、コストを度外視すれば毎ターンHPを回復、 
毎ターンスロウなどといった事が可能になっています。 
ただし、暗器毎に1バトルでの使用可能数は制限されています。 
……とはいえ、一人で8つのアビリティを使用できると考えると、 
それでもかなり強力かと思います。 
 
▲アビリティ使用時に選択することになります。 
 
 
◆アビリティ2 
「バニッシュ」 
自分自身の敵対心を下げ、任意の味方ひとりの敵対心をあげることができます。 
主人公がピンチの時に緊急回避的な使い方ができるかと思います。 
ちなみに効果時間は3ターンです。 
これは賢者の「他心陣」同様EXアビリティなので、他のジョブでも使用できます。 
 
 
◆アビリティ3 
「ダブルアサシン」 
「アサシネーション」を使用済みの場合、このアビリティを使うことで 
もう一度「アサシネーション」が使用できるようになります。 
一気に攻めたい時、形成を逆転させたい時など、ここぞという場面で輝くアビリティです。 
ただし、使用後1ターンの間自分自身の防御力が減少します。 
 
アサシンはもう単純明快。 
「使いたいアビリティ(暗器)を持ち込んで、好きな時に好きなだけ使えるジョブ」 
となっています。 
ただし数に限りはあるので、ご利用は計画的に……という、そんな感じです。 
要所要所で「アサシネーション」。一気に状況を変えたい時は「ダブルアサシン」。 
「ダブルアサシン」による防御DOWNであったり、 
他の要因でピンチに陥った時は「バニッシュ」で回避、といった戦い方が 
基本になるかなと思います。 
 
 
◆サポートアビリティ 
「キリングマシーン」 
このアビリティ効果により、暗器をセットできるという特性を持ちます。 
 
「シャドウステップ」 
稀に敵から受けるダメージを無効化します。 
 
 
以上が2つの新ジョブについてとなります。 
ようやくTGS2015で発表された4ジョブ実装にこぎ着けられました。 
非常にお待たせしてしまいましたが、 
どれもエクストラジョブというのにふさわしい尖ったジョブになったかと思います。 
剣聖は剣・刀が追加されるたびに新しい効果が増えていきますし、 
バレットや暗器、もちろん4ジョブのゼニスアビリティも今後追加していきますので、 
是非お楽しみにしていていただければと思います。 
また、今回は同日実装で、「剣聖」「ガンスリンガー」「賢者」「アサシン」の 
ジョブマスターピースも実装されます。 
4ジョブの可能性をさらに引き出す性能になってますので、 
我こそはと思うかたは是非作成を目指してみていただければ……と思います。 
 
アルケミストから続いたエクストラジョブ追加も今回でひと段落。 
次はあのあれがああなった具合のジョブを……鋭意開発中です。 
それについては近日中に発表できるかと思いますのでお楽しみに! 
 
今後とも「グランブルーファンタジー」をよろしくお願いいたします。 
 
「グランブルーファンタジー」 
ディレクター 
福原 哲也

TAG

  • NEWS TOP

最新NEWS


#グラブルの最新ツイート



Twitter公式アカウント