JAPANESE ENGLISH

NEWS ニュース

グラブル最新情報

2015-12-31 17:00
アップデート情報

新キャラクター紹介!「スカル」「ユーステス」「ベアトリクス」「ヤイア」「アンチラ」


いよいよ今年も終わりですね。 
2015年はグランブルーファンタジーを本当に多くのユーザーさんに遊んでいただくことができ、非常にありがたい一年となりました。 
タイトルとしても大きく成長もできましたが、まだまだお届けしたいこと、道半ばなこと、より良くしていきたいところが山ほどあるので、来年もさらに勢いを増して突っ走っていければと思っています。 
 
と、その前に今日が今年最後のアップデートということで、新たに追加されるキャラと召喚石の紹介をしたいとおもいます! 
 
まずはイベント加入のSレア「スカル」から! 
 

 
年齢:17歳 
身長:95cm 
種族:ハーヴィン 
趣味:暴れ回ること、騒ぐこと 
好き:火薬の臭い、犬、自由 
苦手:辛気臭いヤツ、理解できないこと、不自由 
 
荒くれ者集団「オダヅモッキー・ギャングスタ」の構成員で、 
本日開催のシナリオイベント「自由をその手に」のメインキャラとして登場します。 
いわゆる「ヒャッハー」な性格をしていつつ、マヌケなところもあれば 
カッコイイ面も持っているという、非常にいいキャラをしています。 
今までのハーヴィンにはいなかった感じですね。 
2話をクリアした時点で信頼度キャラとして加入するので、是非バトルに連れて行ってあげてください。 
 
◆アクションアビリティ◆
トライバースト ターゲットに関わらず3回単体ダメージ 
【Lv45で性能強化】 
使用間隔:7ターン  
雑魚掃討に役立つアビリティです。 
イベント内では一度に多くの雑魚敵が登場するので重宝すると思います。 
 
ボンファイア 敵に2.5~3倍土属性ダメージ 
【Lv65で性能強化】 
使用間隔:5ターン  
無条件で奥義に匹敵するほどのダメージを与えます。 
使用間隔もそんなに長くないので、コンスタントに使うことで 
大きくバトル全体のダメージを伸ばすことができます。 
 
クレイジーブリッツ 自分の攻撃大幅UP(敵オーバードライブ時のみ1回)/自分の防御DOWN/敵対心UP 
使用間隔: 7ターン 
ナルメアで初登場した「反骨」効果になります。 
オーバードライブ中の敵に大きなダメージを与えることができるのですが、 
この場合はダメージ以外にも利点があります。 
ダメージが大きいということは敵のモードゲージも大きく削ることができるので、 
実はタイミングを見計らえば一気にブレイクにもっていくなんてことも可能だったりします。 
ただしスカルの場合は防御DOWNと敵対心UPという使用後のデメリットもあるため、 
使いどころは見極めたいところです。 
 
◆奥義◆
レイン・オブ・バレット 土属性ダメージ(大) 
 
◆サポートアビリティ◆
フォアフロント オーバードライブ時の敵に対して攻撃UP 
オーバードライブ状態の敵に対して、スカルの与える全てのダメージが上昇します。 
これによって反骨効果によるダメージの伸びがさらに上昇することになります。 
 

▲身軽さを武器に敵の頭上にとびかかり、連続でお見舞いするというシンプルながら力強い奥義です。 
スカルのモーションはいわゆる「荒くれ者」がコンセプトなので、荒々しくもカッコいいものになっています。 
 
 
次からは本日更新のレジェンドガチャで新登場。SSレア「ユーステス」の紹介です! 
 

年齢:28歳 
身長:186cm 
種族:エルーン 
趣味:平穏な場所で休むこと、銃の手入れ 
好き:平穏と静寂、犬をはじめとした動物 
苦手:騒がしいもの 
 
こちらもイベント「自由をその手に」に登場します。 
”組織”の一員で、ゼタやバザラガの上司にあたる人物となります。 
それ故に高い戦闘能力を持っています。常に冷静で合理的な判断を下し、 
任務遂行を何よりも優先する厳しい性格をしています。 
しかしそれが災いしてか、大好きな動物達には警戒されて 
なかなか触れ合うことが出来ないという悩みを抱えてる模様。 
 
◆アクションアビリティ◆
フラメクの雷 敵全体に土属性ダメージ/稀に麻痺効果 
【Lv55で性能強化・ターン短縮】 
使用間隔:7ターン  使用時間:20秒
麻痺つきの全体攻撃です。複数体のボスなどにはとりあえずばら撒いておいて、 
麻痺が入ったらラッキーくらいの感じで使っていくといいかもしれません。 
 
アンチ・ソシアル・ディシーズ 奥義ゲージを変換して充填効果 
◆25以上で急速充填/41以上でLv+1/61以上でLv+2/91以上でLv+3 
【Lv75でターン短縮】 
使用間隔: 4ターン
ユーステス独自のギミックのアビリティとなります。 
現在の奥義ゲージを全て消費し、その消費量に応じた効果を自身に付与します。 
 
奥義ゲージの消費量によって変わる効果は以下の通りです。 
20~40:「急速充填」 
41~65:「充填Lv+1」 
66~90:「充填Lv+2」 
91~100:「充填Lv+3」 
 
充填Lvは最大”5”まで溜めることができ、そのLvが高まるほど 
ユーステスの奥義ダメージと、奥義のダメージ上限が上昇します。 
この効果は奥義を発動すると消失します。 
また「急速充填」は少ない奥義ゲージで得ることができ、 
こちらはLvが存在しないものの「充填Lv3」に匹敵するほどの効果を持っています。 
ただし、急速充填の場合は奥義発動後に数ターン奥義ゲージが増加しない状態になってしまいます。 
 
強敵相手には着実に充填Lvを高めて必殺の一撃を見舞う。 
短期戦の場合は急速充填で一気に攻める、という戦い方が選択できるようになっています。 
 
スロー・キル ターゲットに関わらず敵に8回単体ダメージ/奥義ゲージUP 
使用間隔: 5ターン
ランダム8回攻撃に加え、自身の奥義ゲージが10上昇します。 
強力な効果の割に使用間隔は短めなので積極的に使っていきたいアビリティですが、 
充填の奥義ゲージ調整しても使えると思います。 
 
◆奥義◆
デッドエンド・シュート 土属性ダメージ(特大) 
◆急速充填時は自身にショート効果付与
先に書いた通り、「急速充填」時に奥義を放つと「ショート」という弱体効果が付与されます。 
これは5ターンの間奥義ゲージが上昇しなくなるというものなので、 
長期戦で使用する時は注意が必要です。 
 
◆サポートアビリティ◆
フラメクの契約者 被ダメージ時の奥義ゲージ上昇量UP 
敵から受けたダメージに応じた奥義ゲージ上昇量にボーナスがついています。 
このボーナス値はかなり多めなので、思いがけず奥義ゲージが貯まっていた、 
というシーンもあるかもしれません。 
 
カスタムバレル 急速充填/充填Lvに応じて奥義ダメージと奥義ダメージ上限UP 
諸々のユーステスの独自ギミックとなるサポートアビリティです。 
 

▲昨年のゼタ、バザラガも奥義演出は「今年の集大成じゃ!」と気合を入れてコンテを作成し、アニメーションも時間をかけて調整しましたが、今年のユーステスとベアトリクスは特にかっこよく仕上がっているので必見です! 
 
次も同じく新登場SSレア「ベアトリクス」! 
 

こちらのキャラもスカル、ユーステスと同様にイベント「自由をその手に」に登場します。 
何よりも自らの手柄を重ねることを重視し、 
常に捨て身で任務にあたる故に時折問題を引き起こすトラブルメーカーです。 
しかし、それだけに何度も死地を乗り越えてきているのでその実力は本物。 
「自由をその手に」のストーリーも、ベアトリクスが単身敵地に乗り込んだことが発端となっています。 
ちなみにゼタとコンビで活躍していたという過去があり、似た形状の鎧を装着しています。 
 
年齢:21歳 
身長:162cm 
種族:ヒューマン 
趣味:服屋めぐり、お菓子作り 
好き:のし上がること、功績、手柄 
苦手:なめられること、熱い食べ物 
 
ベアトリクスのアビリティはかなり特殊です。 
恐らくアビリティひとつひとつを見てもわかりづらいと思うので、 
一旦全部まとめて見てみましょう。 
 
◆アクションアビリティ◆
エムブラスクの剣 「クロック・オー・デルタ」による効果を延長 
【Lv55でターン短縮】 
使用間隔: 10ターン  効果時間:4ターン
 
ユニフィケイション 時計の針を停止させる 
【Lv75でターン短縮】 
使用間隔: 9ターン  効果時間:3ターン
 
ゼフィアー 時計の針を強制的に次に進める 
使用間隔: 5ターン 
 
◆奥義◆
イモータル・アソールト 闇属性ダメージ(特大)/自身のアビリティ再使用間隔を1ターン短縮 
 
◆サポートアビリティ◆
エムブラスクの契約者 トリプルアタック発動時に「クロック・オー・デルタ」による効果を2ターン延長 
 
クロック・オー・デルタ 時計の針の向きにあわせて自身に付与される効果が変化 
 
【2016/1/8(金) 19:00修正】  
ゲーム内の文言修正と合わせて、下記文言を修正いたしました。 
 
トリプルアタック発動時に「クロック・オー・デルタ」による強化効果を2ターン延長 
から  
トリプルアタック発動時に「クロック・オー・デルタ」による効果を2ターン延長 
に修正しました。  
 
時計の針の向きにあわせて自身に自動付与される強化効果が変化 
から 
時計の針の向きにあわせて自身に自動付与される効果が変化 
に修正しました。 
 

……という感じになっています。 
要約すると 
① 毎ターン強化効果により性能が切り替わり、現在どの効果かは時計の針で示される 
② アビリティで時計の針を操作し、強化効果を重ねたり延長したりできる。 
③ 強化効果の組み合わせで戦況に対応していく 
といった具体のものになります。 
 
各強化効果は以下のようになっています。 
●針が12時の方向=「ネード・ヌル」 
攻撃力大幅UP/防御力DOWN 
 
●針が4時の方向=「ネード・ネリ」 
再生/攻撃力大幅DOWN/防御力UP/敵対心DOWN/奥義ゲージ上昇量DOWN  
 
●針が8時の方向=「ネード・セイツェ」 
連続攻撃確率大幅UP/敵対心UP 
 

▲現在の針の向きは常にアイコンで確認できます。また、針の向きにあわせて色も変化するようになっています。 
 
攻める時は8時と12時の効果を重ね、攻撃力を大幅に上げた状態でトリプルアタックを狙い、 
効果延長で挟んで攻め続けるスタイル。 
守る時は4時の方向を維持、という使い方が基本になるとおもいます。 
加えて他の味方のアビリティによるサポートで色々と活躍の幅が広がっていくかと思います。 
 

▲針はある程度自分で操作できますが、おすすめはやはり8時の効果を延長して連続攻撃力を高めるのを起点にして攻めることです。 
 
ちょっとめんどくさい仕組みにはなっていますが、ハマれば攻めの能力は相当に高いです。 
 

▲”エムブラスクの剣”の力を解放し、巨大な大剣に見立てたオーラを纏った状態で薙ぎ払い、敵を両断します。振り抜く動きはかなり爽快感があってお気に入りです。 
 
次はSレアの「ヤイア」! 
 

年齢:6歳 
身長:106cm 
種族:ドラフ 
趣味:家事全般(特に料理)、お人形ごっこ 
好き:父親、主人公、おせわすること 
苦手:苦い野菜、甲殻類 
 
田舎の村に住むドラフ族の少女。男手ひとつで育てられたが、 
今は病床に伏した父の世話をしながら生活をしています。 
年齢のわりには一人前に一通りの家事をこなしつつも、 
子供らしい愛嬌もふりまけるみんなに愛される女の子です。 
主人公のことをおにいちゃん(おねえちゃん)と呼びなつき、 
病の父を救うための薬草探しの旅にでる、みんなの妹。それがヤイア。 
 
◆アクションアビリティ◆
こむらがえり こむらがえりがまもってくれる(敵の全ての攻撃を回避) 
【Lv45でダブルアタック確率UPが追加】 
使用間隔: 5ターン  効果時間: 1ターン
こむらがえりとはヤイアが抱えているぬいぐるみです。 
何の変哲もないただのぬいぐるみなのですが、 
ヤイアはこむらがえりが守ってくれると信じています。 
 
おかゆ みんなだんだん元気になるのー!(味方全体に再生効果) 
【Lv65でターン短縮】 
使用間隔: 9ターン  効果時間: 4ターン
父の看病でたくさん作った、おかゆをみんなに振る舞います。 
栄養食なので、みんな徐々に回復していきます。 
 
ふれー!ふれー! みんなを応援するよー!(味方全体の攻撃UP) 
使用間隔: 8ターン  効果時間: 5ターン
ヤイアが応援すれば士気もあがる。そう、5ターンもの間士気があがります。 
 
◆奥義◆
ヤイアのちゃーはん! 土属性ダメージ(大) 
 
◆サポートアビリティ◆
護りたい、この笑顔 自分以外の味方の攻防UP 
ヤイアを護るためにみんなのステータスがあがります。 
防御力は結構多めにあがります。 
 

▲ヤイアは基本的に敵を殴るなどせず、かわいさを振りまくことで敵に罪悪感を抱かせてダメージを与えます。 
奥義ではチャーハンを作って敵に振る舞うと、敵はおいしいと喜んでくれますが、それでもヤイアと戦わなければならないという自己嫌悪から精神・肉体ともにダメージを負う…… 
という、ちょっと何言ってるかわからなくなってきたんですが、とにかくそんな感じになります。 
 
そして、キャラクター最後は新たな十二神将、SSレア「アンチラ」を紹介! 
 

かつて「サンゾー」と呼ばれる高僧と共に、 
「テンジク」と呼ばれる土地を目指して旅していた 
偉大なご先祖様の血筋を引くとされる一族の末裔。 
種族はエルーン族に属するが、多くのエルーン達とは耳の形状や位置が異なっています。 
アニラもドラフの中では特殊な見た目(巻き角)だったので、 
十二神将はみんな特異な生い立ちをしているんですね。 
 
また、これはTwitterでツッコミがあったことなので補足なのですが、 
各神宮の守護神はそれぞれに関わる家系と系譜の中で 
設けられている条件に適合した者が選出されるため 
本人の出生時の干支は対応する干支とは関係ないのです。 
 
年齢:10歳 
身長:133cm 
種族:エルーン 
趣味:温泉、もふもふ 
好き:わたあめ、里のみんな 
苦手:眠気(不機嫌になる) 
 
◆アクションアビリティ◆
不生不滅 参戦者のHPを回復/味方全体の防御DOWN/弱体耐性DOWN 
【Lv55でDOWN効果ターンが短縮】 
使用間隔: 12ターン  効果時間: 3ターン
キャラクターのアビリティとしては初の効果範囲が”参戦者”に及ぶアビリティになります。 
使用間隔は長めで、しかも弱体効果も付くのですが、 
なんと味方全員のHPを全回復させることができます。 
(参戦者に対してはもちろん効果は落ちますが…) 
起死回生のアビリティとして重宝するはずです。 
Lv55になることで弱体効果のターンが短縮されます。 
また、これらはクリアなどで消去することも可能になっています。 
 
君子万年 味方単体にバリア効果/敵対心UPを付与 
【Lv75で性能強化】 
使用間隔: 6ターン  効果時間: 3ターン
ダメージを2500カットする強力なバリアを味方ひとりに付与することができます。(強化後は3500カット) 
同時に敵対心UPもつくので、”なすりつけ”的な使い方がメインになります。 
バリア自体は3ターン保持されますが、敵対心UPは付与したターンのみの効果となります。 
 
葦編三絶 味方全体を徐々に強化 
◆3ターン後を頂点に徐々に効果が減少していく 
使用間隔: 8ターン  効果時間: 6ターン
攻撃力、防御力、連続攻撃確率、弱体効果成功率が上昇します。 
1ターン目から3ターン目にかけて効果が徐々に上昇し、 
4ターン目から6ターン目にかけて効果は薄まり消失します。 
8ターンごとに使用することでき、効果自体も揺らぎがあるとはいえ 
6ターンと長いためかなり強力なアビリティになっています。 
また、この強化効果は独自の枠になっているため、レイジなどといった攻撃力UP効果と重複します。  
 
◆奥義◆
金牙神然 風属性ダメージ(特大) 
 
◆サポートアビリティ◆
猿神宮の主 味方全体が確率で敵の通常攻撃回避 
低確率ではありますが、味方全体が敵の通常攻撃をかわすということが起こり得るようになります。 
 

▲SSレア「アニラ」と同名の奥義ですが演出は異なります。これは……赤富士!アニラもそうでしたが、十二神将は奥義になると武器を使いませんね…… 
 
最後に、召喚石ですがSSレア「カグヤ」の紹介です。 
 

立ち位置的にはバハムート、ルシフェル、ジ・オーダー・グランデと並ぶような、他の召喚石より一段上の強力な能力を持つというコンセプトになっています。 
 
◆召喚効果◆
月影の奇蹟 敵全体に水属性ダメージ(特大)/味方全体の奥義ダメージUP/ダメージ上限UP 
奥義ダメージUPの効果と同時に、ダメージ上限UPも付与されます。 
減衰による実質的な上限に達するような高いダメージを出せるパーティはさらにダメージを伸ばすことができ、そうでないパーティは効果値分奥義ダメージを伸ばすことができます。 
ユーステスの充填もそうですが、まだダメージが伸びる余地があるパーティであるほど恩恵を受けることができます。 
また、もちろん最大まで上限解放すると効果は上昇します。 
 
◆加護効果◆
カグヤの加護 バトルメンバーに自動復活効果(1回)/パーティ全体のHPが少ないほどダブルアタック確率UP 
 
自動復活はバトル開始時から付与されています。また、復活時のHPは最大値の50%になります。 
(カリオストロのスペアボディはカグヤの加護で上書きされます) 
ダブルアタック確率については、パーティ全体のHPの減少割合に応じて上昇します。 
キャラ単位ではなく全体でみるため、効果も等しく味方全員に適用されます。 
上昇量はHP割合に応じて等間隔で上昇していきます。 
全体の割合で50%以下になった時で、上昇量は+40%(最大解放時は+60%)ほどになり、 
もちろんキャラ毎に元々有している確率に上乗せされるので 
かなり高い確率でダブルアタックが発動するようになります。 
さらにここに強化効果を重ねれば100%に近い確率にすることも可能です。 
もちろん全体のHP割合が50%より下回ればさらにその分上昇していきます。 
 
一度に4人が戦闘不能になったとしても、大きくダブルアタック確率が上昇している状態で復活できる、と考えればひとつの目安としてわかりやすいかもしれません。 
※ちなみにカグヤは自分のメイン召喚石とサポーター召喚石の両方にセットしても、効果は変わりません。  
 

▲ルシフェルと同様、専用ボイス付きの特別な演出になっています。 
 
だいぶボリューミーになりましたが……どれもひとくせある性能になってますので、 
加入した際は色々試しながら遊んでみてもらえればと思います。 
キャラの独自ギミックは今回のベアトリクスを頂点にして 
かなり複雑化していると思っているので、来年からは心機一転、 
シンプルにわかりやすくしつつ別の方向性で活躍の幅が出せるものを考えています。 
 
年末年始は新キャラ達とイベント「自由をその手に」をじっくり遊んでいただき、 
キャラにストーリーに性能にと、皆さんの話のネタにでもしていただければ、 
スタッフ全員にとってこの上ない喜びになります。 
来年もスタッフ一同全力で頑張ります! 
今後とも「グランブルーファンタジー」をよろしくお願いいたします。 
 
 
「グランブルーファンタジー」 
ディレクター 
福原 哲也

TAG

  • NEWS TOP