JAPANESE ENGLISH

NEWS ニュース

グラブル最新情報

2014-11-07 19:41
アップデート情報

11月のアップデート予定について


こんにちは。福原です。 
 
アニメ「神撃のバハムート GENESIS」ご覧いただけているでしょうか? 
昨今なかなか無い、文字通りの「王道ファンタジー」で、 
しかも一切媚びない硬派な出来になっていて、自分も毎週楽しませてもらっています。 
 
本編のクオリティの高さは折り紙つきですが、 
個人的にはアーミラ役の清水理沙さんが歌うエンディングテーマも素晴らしくて好きです。 
 
 
 
最近はめっきり涼しくなってきましたね。 
福原は北国でシベリアンハスキーと共に育ったので、涼しくなると活きが良くなります。 
雪が降るともう最高ですね。コタツでウーロン茶を飲みながらゲームを遊ぶのも最高ですね。 
 
さて、寒空に負けず11月も熱いアップデートがてんこもりです。 
今月はゲーム全体のバランスにかかわる調整を実施しますので、 
是非目を通しておいていただければと思います。 
 
 

11月17日実施予定のアップデート内容

ダメージ上限の概念が廃止されます 
これまでキャラ毎に、アビリティに対して「60,000」「100,000」といった 
ダメージ上限が設けられていましたが、これを撤廃します。 
また、チェインバーストなどによって到達可能だった「999,999」というダメージに関しても 
上限が外れ、1,000,000以上のダメージを出すことが出来るようになります。 
ただし、ストッパーとして機能していたものが外れただけだと、 
最終的に倍々ゲームになってしまいゲームバランス崩壊につながってしまう危険性があるため、 
ダメージは一定値を境に緩やかに減衰する仕組みを導入します。 
 
これを入れることによって、現在与えられることの出来るダメージ量が下がるということはありません。 
例えばダメージ上限「60,000」となっていたものであれば、 
計算上100,000ダメージだったとして、60,000を超えた段階で超過した40,000という値に補正がかかり、 
本来の計算倍率よりも下の値に着地するという具合です。 
レアリティやアビリティの種類による差別化はあって然るべきだと考えているため、 
このような仕組みを導入します。 
 
実質上限が存在しないことと、現在の値より下がることはないため、 
ゲーム全体で出されるダメージ量はあがるかなと思っています。 
それを加味して、以下のジョブアビリティの調整も同時に行います。 
全体的に性能を引き上げる調整をしています。 
 
 
▼ ジョブアビリティ調整内容 
 
「ドライブバースト」「ドライブバーストII」 
使用間隔が短縮されます。 
 
「ディスペル」 
使用間隔が短縮されます。 
 
「ファイア」「アイス」「シャイニング」 
効果対象が「敵全体」になります。 
 
「フォーカス」 
アビリティダメージ上昇量と上限値が引き上げられ、 
防御ダウンの値が引き下げられます。 
 
「カウンター」「カウンターII」 
カウンターによる反撃ダメージが引き上げられます。 
また、アビリティ発動時に「攻撃力UP」の効果が追加されます。 
 
「捨て身の型II」 
攻撃力上昇量が引き上げられます。 
 
「キルストリーク」 
弱体効果1個あたりによるダメージ上昇量と、 
弱体効果が3個以下の時のダメージ下限が引き下げられます。 
※ダメージ上限は後述のサポートアビリティ「ターゲッティング」の効果修正により引き上げられます。
 
「ソウルピルファー」 
アビリティ効果として新たに「味方全体の状態異常耐性UP」が追加されます。 
※「敵全体の弱体耐性DOWN」と同時に二つの効果が発動します。
 
 
▼ サポートアビリティ調整内容 
 
「イージスブーン」 
アビリティ「かばう」によるダメージカット率が引き上げられます。 
 
「慈悲」 
「回復上限UP」の効果が追加されます。 
 
「精霊の加護」 
「アビリティ攻撃UP」による上昇量が引き上げられます。 
 
「おたから狙い」 
「トレハンLvが高いほど攻撃力UP」の効果が追加されます。 
 
「ターゲッティング」 
アビリティ「キルストリーク」のダメージ上限が引き上げられます。 
 
「カンタービレ」 
アビリティ「オーヴァチュアII」使用時、マルチバトル参戦者の数に応じて 
自パーティの攻撃力と防御力が上昇するようになります。 
 
 
▼ その他のアビリティ調整内容 
 
「ヴァルプルギス」(マギサのアビリティ) 
ダメージ量が引き上げられます。 
闇属性攻撃力UP、光属性耐性UP(それぞれ6ターン)の効果が追加されます。 
 
弱体効果「魅了」の調整 
敵のチャージターンが溜まり特殊技が放てるターンの時に、 
魅了効果によりそれがキャンセルされると、 
特殊技発動時と同じようにチャージターンが減少するようになります。 
※味方側への魅了効果については変更ありません。
 
 
▼ 他、11月17日以降のアップデート内容 
 
マルチバトルのUI改修 
さらなる軽量化を目指しつつ、今より多人数バトルのライブ感を出せるよう調整中です。 
 
新コンテンツ「パンデモニウム」の公開 
共闘クエスト用のエンドコンテンツとなります。 
今回は「第一階層」が公開され、今後続きの階層が追加されていきます。 
 
新たな武器強化システムの公開 
特定の武器を鍛えていくという内容のコンテンツになります。 
今回は準備段階での公開となり、12月に本公開となる予定です。 
 
武器「ジョブ専用武器(仮称)」の追加 
各ジョブのアビリティ性能を引き上げる特殊な武器が追加されます。 
これらはメイン武器として装備する場合のみ効果が発揮され、装備ジョブも限定されます。 
 
例) 
「スコフニュング」という武器の武器種は「剣」となりますが、メイン武器として装備する場合は 
ナイト、フォートレス、ホーリーセイバーのいずれかでなければいけません。 
それ以外のジョブで得意武器が「剣」であっても、 
上記のように指定されたジョブ以外では装備できません。 
 
共闘クエストに「募集リスト(仮)」を追加 
各種条件に沿って、参戦者を募集しているルームを検索できるようになります。 
 
新たなジョブの追加 
強力なアビリティを持った上位ジョブが追加されます。 
特殊な存在であるため、共闘クエストで一定条件を満たすことで取得できるようになります。 
 
 
 
ジョブに関しては、これまで通りJPのみで取得できるものと、 
特殊な条件を課すものの両方を今後追加していく予定です。 
これからも『グランブルーファンタジー』をよろしくお願いいたします! 
 
※2014/11/12(水) 修正: 
サポートアビリティ名が「精密射撃」と表記が誤っていた箇所を修正しました。 
 
「グランブルーファンタジー」 
ディレクター 
福原 哲也

TAG

ジョブ  
  • NEWS TOP

最新NEWS


#グラブルの最新ツイート



Twitter公式アカウント